Blog

52-05

とくに、動画や大容量のデータ通信を行なう時代にあって、ADSLでは限界があるということに気付いているならば、いまのうちに光サービスへの切り替えを行なっておくことによって、ストレスを未然に防ぐことができます。ホームセール型と呼ばれるシステムを採用している会社もあって、その場合は光通信とプロバイダをセットで提供しています。

現在の日本では、フレッツ型と呼ばれる、一定のプロバイダの中から選ぶことができるシステムが採用されています。サービスの比較を行なう場合には、回線引き込みのための工事費、キャッシュバック、長期契約の割引など、いろいろなものを総合的に比較して検討する必要がありますから、一概にどこがもっともすぐれているとは言えないのが現状です。

いまの時点ではADSL回線を利用していて、それほど不満があるわけではないという方も少なくないかもしれません。光通信をどの会社にするかという点に関しては、やはりNTTが一番信頼できると考える人が大口一方で、最近では他の業者も顧客獲得に向けて必死な営業活動を行なっています。

それでも、光通信の魅力を一度体験すると、やはり両者には大きな差があることに気付くはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

コメントは利用できません。